計画的にお金を使わないと即日融資などの消費者金融に頼るという人も出てきます。
そうした人はお金を貯めることが苦手です。
でも意識を変えていくとこうした人でも貯金ができるようになるのです。

こうした浪費癖のある人が確実に貯金をするためにできる口癖を紹介します。

口癖にするとよいのは目標額を口にするということです。
貯金を始めようとした人は最初車や旅行などの漠然とした目標だけを考えているかもしれません。
そうするとだんだんと目標に対する意識が薄くなってきて徐々にためたお金さえ使うようになるかもしれません。
そこで毎日のように目標は何円と直接口に出していうことによって自分の意識を高めていくことができます。

さらにできることは節約できたことをほめます。
人間は心理学的にもほめられるほうが伸びるようです。
それでちょっとした成功でも、自分をほめるようにします。
缶コーヒーを一回我慢した、お菓子を1袋しか食べたいように我慢したなど、一見簡単なことかもしれませんが、自分をほめるようにします。
そうすると自然に節約をすることが楽しくなり、うまくいくことができます。

Comments are closed.