カードローンを契約するにあたり、“総量規制”という法律の存在について避けては通れません。
まず、カードローンには「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2種類があり、それぞれカードローンとしての本質は同じものとなりますが、銀行カードローンは“総量規制対象外”、消費者金融カードローンは“総量規制対象”となります。
では、この“総量規制”とは一体どのような法律なのでしょうか?
総量規制とは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人に融資をする際に関係する法律で、「個人に融資をする場合は合計で年収の1/3を超えてはならない」という規制をするものと なっています。
例えば年収300万円の人が総量規制対象の消費者金融からお金を借りる場合は、限度額100万円までとなるのです。
一方、銀行は総量規制対象外となるので借入限度額は年収に左右されることはありません。
そのため、カードローンを利用が初めての人はまずはじめに銀行カードローンを選ぶというわけなのです。
このように、カードローンを契約する際は、銀行なのか消費者金融なのか十分に商品を比較検討し、自分に合った最適なカードローンを選ぶことが大切となります。
銀行であっても、消費者金融であっても、カードローンを利用する際は計画的に利用しましょうね。
Comments are closed.